外国人を採用する

コンビニや外食チェーン、飲食店など安価に労働力を確保しようにも、給料と労働の負担度合いが釣り合わないことを理由に多くの日本人がこうした仕事を避けようとします。また、工場などもできる限り安い労働力を確保しようとしており、こうしたニーズに合うように外国人を採用する企業が増えており、外国人向けの求人も年々増えています。

外国人を採用するにあたり、様々なルール違反が横行しやすいことが常に言われている問題点です。例えば、雇用契約書を外国人労働者に見せないというのは法律違反であり、それを見せないことで正確な労働時間、もしくは給与体系が分からず、結果として搾取されるということが多々起きています。後にトラブルが発生した場合、雇用契約書を見せていないというのは明らかにマイナスであり、社会的な信用を失うことになります。そのため、外国人を採用する場合には、日本人を採用する以上の注意を払う必要があるのです。特に不法就労に関して、それを知ってて働かせていた場合には警察に捕まり、最悪の場合は企業側の人間が刑務所に入らされることとなります。

そのため、在留資格の確認や就労ビザの申請などやるべきことはとても多いというのも特徴で、そうした手続きを外部に任せるところも少なくありません。特に初めて外国人を採用する企業は慣れないことが多いため、手続き上のミスを犯すこともあります。そのため、細心の注意が必要です。

一方、外国人は日本人と比べ、安価に働かせることができるため、多少の無理を強いても働いてくれます。また、気軽にバイト先を変えるようなことも外国人はしないため、経営者の多くは安心して働かせようとします。そのため、不法就労とはわかっていてもつい働かせるというところも残念ながらあります。求人を出して採用する以上はルールを守って働かせることが大切であり、不法就労を悪用する勢力を助長することにもつながるため、厳しいルールのあるものはしっかり守ることが経営者側には求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする