外国人雇用の現状

国が豊かになって行くに連れ、若い人たちの肉体労働における労働意欲が薄れています。また、少子高齢化も伴いマンパワーを必要とする中小企業では労働力不足に頭を悩ませています。そういう現状を踏まえれば、外国人を労働者として雇用することには大きなメリットがあります。製造業などを行っている会社では、市場を広げようと海外進出を目論んでいるところも多くあるでしょう。

外国人労働者を雇用することによって、その国とのパイプを作るきっかけになります。労働力としてだけでなく、文化の違いや言語の壁を乗り越えるためにも大いに戦力になってくれる人材です。また外国人には日本人にはない多様性に富んだ発想を持っている人が数多くいます。日本という国を客観的に見て、その弱点や欠点を的確に指摘してくれる外国人を雇用できれば、大切なビジネスパートナーになるでしょう。

一方でデメリットも存在します。まず、手続きが簡単ではない点です。確認事項や注意事項を怠ってしまうと、本人だけでなく雇った会社側にも司法の手が伸びてしまい、予想以上の損害を被る恐れがあります。まずパスポートと、日本にどのような条件で居住を許されているのか、その資格内容の確認が必須です。永住者や日本人の配偶者を持つ外国人ならばどんな仕事にも就けますが、企業内転勤や技術・技能という分野に限って労働を許されていたり、または留学や研修という名目でのみ、仕事することを許可されている外国人など、細かく分けられています。雇用条件と労働条件をしっかりと照らしあわせて、手続きを行うことが大切です。

また、文化の違いや社内での差別意識も国際的なレベルのトラブルになりかねない重要な課題です。日本人労働者への外国人に対する接し方もしっかりと教育しておかなければなりません。以上のような注意点を守ることができれば、外国人雇用はグローバル社会に向けての企業の飛躍に繋がりますし、また、国際協力として海外に感謝される、有効な制度と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする