日本企業が求める外国人とは

「日本企業」それは飛躍的に成長し進化を遂げた世界も認める団体です。
新しい商品を開発し、更に研究開発を続けてより使い易く便利にする、丁寧で完璧な仕事ぶりは海外の企業も視察に訪れる程の立派なものです。

そんな日本企業が求める外国人とはどのような人材でしょう。一言で言えば、新しい風を吹き込んでくれる先見の明を持った人物です。多くの人が勘違いしていますが、日本企業の体質に合う人ではありません。

全く異なる文化や歴史を有する国で学び育った人材だからこそ見える、第三者の視線で日本の企業を一刀両断してくれる人材を求めているのです。素晴らしい日本の会社ですが、この業績を残す為にサービス残業や、過労などのダークな面も持ち合わせています。当然物事には良し悪しあって当たり前なのですが、今こそ、改革の時であると多くの創設者が語っています。

既に大手企業の創設者は世を去り、2世及び3世が代表取締役として君臨する時代になりました。伝統を受け継ぐのは重要な事ですが、一緒に変化(進化)していくのも会社存続には欠かせない事項なのです。この改革にひと肌脱いでくれるのが、異文化で培った感性を持つ外国人なのです。

悪しき習慣であるグレーゾーンを明確にする事、馴れ合いになっている箇所をビジネスとして襟を正す事、こうした長年の習慣にメスを入れるのは第三者の方がやり易いと言われます。
「寄らば大樹の陰」「長い物には巻かれろ」得てして主張の少ない日本人ならではの特徴で、企業に属した瞬間に変貌するイエスマンと呼ばれるビジネスパーソンには決して出来ないのが古い体質改善です。一朝一夕に出来る事ではありません。

少しずつ、外国人という新しい風を受け入れながら皆が目覚めて行く感覚でしょう。能力や技術力は日本人も外国人も大差ない昨今、実は根本的な体質改善を求めている事を知る人は少ないのです。

残業ゼロ、そんな国も少なくないという事実を日本の企業も周知するべき時が来ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする