外国人向けの求人情報の出し方

外国人に向けての求人を出す場合、できれば外国人が多く目を通す媒体で求人情報を出したいところです。地域によっては外国人もしくは留学生の就労を支援してくれる公的機関が存在します。そうしたところに求人を出すことが求められます。こうした公的機関では求人の受け付けはもちろんのこと、色々な言語の通訳も存在し、外国人への職業紹介や相談なども行われています。

そのため、多くの外国人がこうした公的機関に足を運び、求人を探しています。もちろんハローワークでも外国人向けの求人を出すことは可能であり、支援してくれる公的機関が近くにない人はハローワークで探すことが一般的です。

次に民間の人材紹介会社に求人を出すというやり方です。企業側が求めるもの、そして人材紹介会社が提供する人材が合致すれば、自分たちで面接をして採用するよりもリスクも少なく、確実に労働力を確保することが可能です。

ネックなのは民間の人材紹介会社に支払われる紹介料ですが、確実性を考えるのであれば決して高いコストとは言えません。気をつけたいのは、その人材紹介会社が厚労省の許可を得ているかどうかというものです。中にはブローカーが横行し、外国人労働者から搾取しようとする存在が目立ってきています。こうした場合、雇用している側にも責任が生じてしまいます。いわゆる不法就労助長罪の適用です。そのため、その人材紹介会社が確かなところなのか、チェックが必要です。

最後に留学生が多く在籍する大学に求人情報を出すというのもいいでしょう。留学生としては仕事をして勉強の足しにしたい、少しでも本国からの仕送りを減らし、楽にさせたいなど様々な理由があって仕事を探しており、モチベーションも高いと言われています。また優秀であれば、卒業した際にそのまま正社員として採用するというのも手です。様々なルートから外国人を確保するための方策はありますが、やはり無難なのは公的機関に連絡、相談をすることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする