外国人の採用に必要な手続き

外国人への求人をかけ、採用するというのはそこまで面倒なことはないものの、採用してからが大変であり、その手続きは色々とあります。特に初めて外国人を採用する企業の場合、その手続きに苦戦することも考えられます。まずしなくてはいけないことは雇用契約書の確認です。

日本人に対して、雇用契約書の確認を細かくする所はあまりなく、特に中小企業では軽視しがちです。しかし、外国人の場合、書面による契約書をとても重視する傾向にあるため、しっかりとした確認が必要です。特に労働への意識、慣行などが異なることからも、雇用契約書に書かれていることを確認していくことが求められます。

また、雇用契約を文書で労働者に配布するのは、外国人相手だろうと日本人相手だろうと義務になっています。この配布を行わなかった時点で企業にもその責任が生じてしまうので特に注意が必要です。

採用の手続きでほかに大事なことは在留資格の確認、就労ビザの申請です。在留資格は細分化されており、例えば語学教師として来た人は教育の名目で在留資格が与えられています。その人が違う業種の職業に就く場合、在留資格の変更をしなければなりません。その際に、雇用する企業が入国管理局にいくつかの書類を提示する必要があります。本人にやらせることもできないことはないですが、手続きが煩雑で手違いで不許可となってしまえば、企業側にとってもマイナスとなります。そのため、企業側が変更の申請をするのが一般的です。そのあとに労働契約ということになります。

労働契約を結ぶといよいよ就労ビザの申請となります。この際、在留資格の変更が伴う場合は10種類以上の書類が必要となり、前職が同じ職種であれば特に手続きがいりません。留学生が新卒採用される場合もやはり在留資格の変更が伴ないます。外国人の採用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする