日本企業が積極的に外国人を採用している理由

日本企業が積極的に外国人を採用している理由としては、まず海外からの観光客が増えていることに対応するためであると言えます。

今から2,3年前から為替市場で円安が進んだことで、日本に来る観光客は大きく増える状況が生まれています。従来の日本の小売店舗では日本人の店員しかいないことが多く、英語などを話す外国人との対応が難しい環境が生まれていました。そこで、大手の小売企業では英語の話せる外国人を採用して、店舗での海外観光客との対応をスムーズにする取り組みが行われています。

ここ数年においては、海外としては中国や東南アジアからの観光客が増えているために、中国語を話せる人材やタイ語の会話ができる人材が積極採用されることが起こっています。今後、日本企業では小売り業界に限らずにサービス業界などで外国人の採用を強化して、海外のインバウンド需要を取り込もうとする動きが出る可能性があります。次に日本企業が積極的に外国人を採用している理由しては、海外市場を開拓していくことが急務になっていることが挙げられます。日本では少子高齢化の流れがあることから、長期的には国内市場は縮小していくことが予想されています。

そのため、日本以外の海外市場でシェアを広げていくことにより、企業としての業績を拡大していくことができるようになってきます。そこで、日本企業では外国人を積極的に採用することで、海外で活躍できる即戦力の人材を確保しようとする狙いが出ています。

外国人の人材は日本の大学生よりも、優秀であることが多くなっていることも採用の理由となっています。また、外国人であれば、自分の国の文化などを知っているために、海外で販売する商品などの開発に活かせる面が出てきます。海外で商品の販売を伸ばすためには、現地の趣向を取り入れた商品でないと受け入れてもらえない環境があるからです。したがって、日本企業が海外の人材を採用することは、海外展開を成功させるカギとなっている状況があるとも言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする