外国人を採用する際の注意点

都心部にある外食チェーン店などでは、朝の時間帯などに外国人の人が店員として働いている光景をよく見かけ、最近では繁忙期のコンビニなど郊外でも外国人の方が働くケースが増えてきています。求人を見た外国人が面接にやってきて、人手が足らないからと採用をしようとする場合、いくつかのことに注意を払うことが求められています。

真っ先に注意をしなければいけないのは就労資格があるかどうかです。就労資格がある場合には証明書が発行されており、面接の際に持参することを伝え、それを確認する必要があります。ほかにもパスポートや外国人登録証明書などの書類を確認し、就労資格があることを確認してから採用するかどうか判断し、それらが確認できない場合は、どれだけ優秀な人材であっても断る方向に話を進めなければなりません。仮に就労資格がないことをわかっていて採用した場合、もしくは確認を怠った場合、不法就労をさせたということで警察に捕まる可能性が出てきます。そうならないようにするため、確認はしておきましょう。

また留学生がアルバイトなどをする場合、働く時間に制限があることも注意しなければなりません。留学生には本来就労資格はありませんが、資格外活動許可が出ていればアルバイトをしても問題ありません。大学に留学している人の場合には1週間につき28時間までと決められています。また、教育機関などが長期休暇に入った場合には1日8時間を限度にアルバイトをすることができます。そのため、留学生がアルバイトの面接に応募した際には、資格外活動許可の証明書を確認し、28時間以内に収まるような形で働けるかどうかを尋ねなければなりません。

外国人を採用させるには色々な手続きなどが必要であり、確認すべき書類は多くあります。それを怠ると雇用する側が処罰の対象となることもあります。そうならないためにも、1つずつ段階を踏んでいくことなどが、この場合では求められているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする